ブルータスカーサでも「理想の暮らしが買える店」として
紹介されているCASICOの3階スペースにて、nnbの出張古本屋展開中です!

フライターグや地元広島の木工品、そして全国から集まる
様々な日用品と合わせて、当店セレクトの古本ブースも
よろしくお願いします。

こんな感じです
b0213758_2342916.jpg
b0213758_23422457.jpg

[PR]
古いモノは大正時代から、昭和初期の童話を中心に
昭和40年代に復刻されたほるぷの復刻文学集。
本がとても大切にされていた時代の、本創りへのこだわりを
細部にいたるまで再現した宝物のような一冊。

いろんなタイトル入りました。
b0213758_19534944.jpg


「三つの寶」
芥川龍之介の代表作「蜘蛛の糸」を含む童話集
布張りの美しい装幀に、挿画は一枚一枚描かれた紙を
貼り付けてある凝った作りです。
b0213758_211943100.jpg

b0213758_21201246.jpg

[PR]
ついに、ついに完成です!

土橋にある三店
LOG
nice nonsense books
ANCHORET
の、トリプルネーム土橋Tシャツ!

誰もが待ち望んでいなかったこの企画!
でも作っちゃいました。ホントに...

フロントには今、日本で最もリスペクトされるソウルシンガー
N・Mのスウィンギンなカットとソウルフルなリリックを
大胆に使い、バックには3店のロゴが入った土橋T
いまなら半袖Tシャツと、七分袖が揃ってます。

本気です!

皆様よろしくお願い致します。


「土橋Tシャツ」
b0213758_322261.jpg
b0213758_354121.jpg

[PR]
前作「ワーキング ホリデー」から一年
宮内優里 最新アルバム「トーン アフター トーン」が
発売されました。
ゲストミュージシャンに、コーネリアスこと小山田圭吾氏を
迎えた真骨頂とも言えるインストアルバム。
ギターを中心にほとんどの楽器を本人が手掛け、
エレクトロでありながらオーガニック、
他の誰とも似てない不思議で気持ちの良い楽曲たちです。

そしてこのアルバムのリリースツアーが決定しました!
今年もやります、nnbとEBARがお贈りする音楽イベント
「RIGHT NOW!」
10月27日(土) @LOG
まだまだ先ですが詳細が決まり次第報告しますので
お楽しみに!

「トーン アフター トーン」宮内優里
b0213758_22141422.jpg

[PR]
数年前、イッセー尾形の一人芝居を西区文化センター
で見ました。
面白い!と同時によく見てるな~と感じました。
一人芝居の天才は、人間観察の天才!

どこにでもありそうで、ありえないこの感じ。
オチがあってもなくても読んでるうちに
なぜだか気持ちが良くなってきます。

普通で不思議な21話
「いつかスパゲティ」
b0213758_1133231.jpg

[PR]
今週はよく雨が降りました。
そして週中にお店に出てみると...

どうやら土橋は軽く浸水していたみたいで、
土間に置いていた100円本、全滅でした...

梅雨時期は油断禁物ですね。


世界一有名なバンド「ビートルズ」のメンバー
ジョン・レノン。
その成功の裏にあった苦悩や葛藤。
音楽、愛、平和...ジョンが残した言葉の断片
「ジョン・レノン120の言葉」
b0213758_22382171.jpg
b0213758_223932100.jpg

[PR]

ZOO

7月です。
夏です。
夏と言えば動物園。
nice nonsense zooです!

みなさーん、nice nonsense zooです!

...しーーーん

うちでやるこの手の企画って、
たいてい盛り上がりませんよね(笑)

動物モノいろいろ集めました。
「nice nonsense zoo」
b0213758_2326998.jpg
b0213758_23264493.jpg

[PR]
先日のONEDAYマーケットは、たくさんのお客様に
来ていただきました。
ありがとうございました。

いろいろ集まった楽しいイベントでした。

会場はこんな感じでした。
b0213758_21305813.jpg

[PR]
7月の営業日です。

4(水)、5(木)、6(金)、7(土)
10(火)、12(木)、14(土)
17(火)、19(木)、20(金)、21(土)
26(木)、27(金)

よろしくお願い致します。
”営業日カレンダーはここをクリック″

「こけしの旅」
こけしの産地、こけしの材料、こけしの工法、こけしの名工
ズバリこけしとは!?
著者の土橋慶三の写真が強烈すぎ!
なんてことは、どうでもいいほどまじめな本です。
b0213758_23221155.jpg

[PR]
このブログでも何度か紹介している「暮しの手帖」

花森安治の手掛けた表紙が有名ですが
中身の方もすごい情報量です。
電化製品の使い比べなど、時間をかけて
ほんとにまじめに作っているのが伝わります。

イラストなどを見て楽しむなら60年代の物、
料理など情報重視なら新しいものがおすすめです。

「暮しの手帖」
b0213758_0543980.jpg
b0213758_0551020.jpg

[PR]