2月は出張出店もなく、土橋のお店でのんびりお待ちしています。
海外からの仕入れ分も含めどんどんお店に出して行くので、覗きに来てください。
b0213758_19511239.jpg


[PR]
悪名高いパンチがアダムとイブのために、しかもお手軽に携帯できるポケット版として発刊した雑誌「Oh!」
1960年代当時の社会問題だったり大人の事情だったり情事だったり今となっては笑える記事と、広告が満載です。
b0213758_14490677.jpg

b0213758_14490759.jpg



[PR]
18世紀から、19世紀にかけて活躍した、ベルギーの画家で植物学者のジョゼフ・ルドゥーテの画集。
緻密な絵と、美しい色使いで現在も多くの人に愛されています。
只今、ひろしま美術館でも展覧会をおこなっており日本語版の画集も発売されています。
こちらの画集は1970年代のイギリス版で、1ページづつ型押しされた物です。
b0213758_14204044.jpg

b0213758_14204000.jpg

b0213758_14204137.jpg



[PR]
studio voice、olive、太陽などなど
すでにヤングでない私たちが、夢中になって読み漁った宝物のような雑誌たち。
今見ても色褪せないと言うより今だから読みたい雑誌をデザインしていたのはこの集団でした。
b0213758_20113408.jpg

b0213758_20113534.jpg

b0213758_20113644.jpg


[PR]
新しく港エリアにうまれたスペースでの、ライフマーケット。
50店舗のお店と、沢山のお客様で溢れた会場から、新しい可能性を感じたイベントでした。
今後本格オープンするharbor clubに期待大です!
b0213758_21243026.jpg

b0213758_21243156.jpg

b0213758_21243200.jpg

b0213758_21243244.jpg


[PR]
読書家の方も、そうでない方も真夜中にダラダラ読むととっても楽しくなる雑誌です。
たぶん…
「真夜中」
b0213758_14354660.jpg



[PR]
大雪の影響で、明日16日はお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
b0213758_17555841.jpg


[PR]
18歳で作家として華々しいデビューをはたし全てを手に入れたサガン。
その後、結婚、離婚、大怪我と破産、そして幾度もの大復活…
彼女のジェットコースターのような人生と、代表作の紹介を盛り込んだ、まさにサガンA to Z
パリの朝市や、ニースの様子からサガンの愛したの街のしょうかいなど、フォアレディス的な視点もナイスです。
「サガンのすべて」1978年 For ladies
b0213758_15455459.jpg

b0213758_15455587.jpg


[PR]
旧ソ連の作家 エドアルド ウスペンスキーのお話にスズキコージが絵を描いたハラショーな一冊。
お部屋の様子やおじさんからネコまで、全てがシュールなスズキコージの絵がなんとも言えません。
現在絶版につき久しぶりに入荷ました。
「フョードルおじさんといねとねこ」
b0213758_15241115.jpg


[PR]
糸井重里の思い付きのような企画で、村上春樹が自由気ままに(しっかり真面目に)書いた超短編集。
なんの脈絡もなく始まストーリーや、作者の昔話し的なものなど、お気楽で不思議な作品たちに思わずクスリとなっちゃいます。
お話ごとに安西水丸の意味があるよな、ないよなイラストが添えてあり、これまたほっこりさせられます。
新作の長編も楽しみですが、こちらの短編の中の短編も一級品です。
「夜のくもざる」村上春樹
b0213758_19522683.jpg

[PR]