<   2016年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

星野道夫、植村直己、片岡義男など旅と言うよりは放浪?リゾートとはかけ離れた廃墟?がしっくりくるほどの冒険野郎なメンツを特集している雑誌「coyote」
世界の裏側の写真も多数掲載で、眺めているだけでトリップできます。
b0213758_13243216.jpg





[PR]
古典日本文学の短編を中心に、短くても深く美しい物語を、一話づつ冊子にした文鳥文庫シリーズ。
坂口安吾や、三島由紀夫など名前は知っているけど作品を読んだことのない方など、一話10ページ前後なので、さらっと読めておすすめです。(一話 150円)
「文鳥文庫」
b0213758_14170423.jpg


[PR]
まだまだ残暑が続きますが、9月からイベント出店とワークショップなどいろいろあります。
まずは9月3日(土) 山口県の廃校を使った1日限りのDAYCampがあります。
近くに温泉があったり、ライブもあったり。
当店は古本の販売と、植物や古紙を使った、コラージュのワークショップをやります。
その他、飲食店や物販などいろいろなお店もでていますので、みなさん遊びに来てください。
b0213758_13071938.jpg

b0213758_13072047.jpg




[PR]
写真家、映画監督として、多くの名作を残しているウィリアム クラインの作品のなかでもカルトムービーとして、人気の高い「Mr.フリーダム」
内容の過激さからフランスで規制を受けるなどの問題作ですが、写真家ならではの視点でのポップでクールなコスチュームとセットが魅力です。
日本版のビジュアルブックが入荷しました。
b0213758_23124783.jpg

b0213758_23124892.jpg


[PR]
「アイデアとは魚のようなものだ。
小さな魚をつかまえるなら
浅瀬にいればいい。
でも大きな魚をつかまえるには
深く潜らなければならない。」
鬼才デイヴィッド リンチが語る、アートライフと、瞑想のお話し。
ファッションだけでない、リアルビートジェネレーションが伝える、超越瞑想は、禅などの日本文化にも通づる、創造的知性だそうで。
辿り着けたあなたも1UPできる!
…かも。
b0213758_16354188.jpg


[PR]
アート界のスーパースター アンディ.ウォーホル。
病気がちだった少年時代から、セレブに憧れてニューヨークへ、そしてスターへと…
ウォーホルの生い立ちをイラストを使って分かりやすく説明したウォーホル人物伝。
パーティー三昧の派手な日々を送る一方、とても繊細だったウォーホルなど、人間ウォーホルが垣間見れる一冊です。
「僕はウォーホル」
b0213758_15560182.jpg

b0213758_15560262.jpg




[PR]
アリスの不思議な世界を日本を代表する作家や、アーティストがそれぞれの解釈で表した、アリス図鑑(?)
植草甚一のシュールなコラージュや、堀内誠一や森茉莉によるアリス的コラムや詩など。
また、作者ルイスキャロルの生い立ちや、作品に登場する幻獣の紹介など、アリスの世界を網羅したアリス図鑑です。
「アリスの絵本」高橋康也編
b0213758_15583042.jpg

b0213758_15583127.jpg


[PR]
8月全体の営業日が決まりました。
まだまだ暑い日が続きますが、今月もよろしくお願いします。
b0213758_13053311.jpg


[PR]
久しぶりに、いろいろな紙物が入荷しました。
夜長堂の封筒、お守り袋
ミニハ書店のカードや折り紙
その他小さなメモ用紙や包紙など、素敵な柄のものがいろいろあります。
たまにはお手紙だったり、手渡しだったりもいいですね。
b0213758_12551439.jpg

b0213758_12551590.jpg

b0213758_12551610.jpg


[PR]