<   2013年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

秋ですが、いよいよ小春日和です。

当店からほど近い、土橋のムサシ裏に、9月6日
ついに「小春カフェ」オープンです!

ながーい準備期間をかけ、あの老舗の看板メニューも登場です!

外観も良い感じ!
b0213758_17545491.jpg


モダンで大正な素敵な店内
b0213758_17554655.jpg

[PR]
街の外れにある古道具店。
その店の二階に、住み込みで働く僕を中心に、ちょっと変わった住人たちが
それぞれのペースで、それぞれの出来事があったり、なかったりして
物語は、ゆっくり進んでいきます。
世間からちょっと離れたところで起こる、静かなストーリーは
多くを望まないが、投げ出した訳ではない、なんとも不思議な心地よさ。

ラストの「パリの全員」は、そんなみんなへの、ささやかなご褒美のような...

毎日、忙しく生きている私たちは、こんな暮らしに憧れているのかもしれませんね。

「夕子ちゃんの近道」  長嶋有
b0213758_1101717.jpg

[PR]
9月の営業日です。

1日(日13:00~18:00)
2日(月)、4日(水)、7日(土14:00~19:00)
9日(月)、11日(水)、14日(土13:00~18:00)、15日(日13:00~18:00)
20日(金)、22日(日14:00~18:00)
25日(水)、27日(金)、28日(土14:00~19:00)
30日(月)

平日は12:00~16:00となっております。

「ハワイ写真集」Nick N Kato
b0213758_229584.jpg

[PR]
広島出身の絵描き、秦健児

「オシャレイズム」の背景の絵や、「怪物くん」の大王の肖像画
などを手掛ける実力派!

国道2号線沿いのトヨタネッツ内ギャラリーと合わせて、
西区南観音にある小さな教室&雑貨cafe「フォレ」では
「ハタケンプレイバック&ネタファイルマル秘展」が開催中です。

入場無料で、8月27日~10月4日まで開催中。

「オシャレイズム」の背景の絵
b0213758_2135219.jpg

フォレ店内
b0213758_21355394.jpg

[PR]
タイトル通り、90年代に造られた、世界の新しい建築物を、紹介した写真集。

固定概念を突破らった、四角い建物とは無縁の、斬新な外見。
使い勝手は二の次でも大事なのはGOOD LOOKING!

いや、きっと使い勝手も住み心地も良かった...はず!

※最近フェイスブックをぼちぼちやっています。
 カタカナで「ナイス ナンセンス ブックス」で登録しています。
 こちらもよろしくお願い致します。

「new forms」
b0213758_12461271.jpg

b0213758_12464850.jpg

[PR]
「CITY LIGHTS」
広島市南区段原に9月1日OPEN!

ウェアを中心に、カップやクッションからメモ用紙まで
生活提案型セレクトショップが登場です。

広い店内に、アンティークのどっしりとした什器たち。
行くだけでワクワクするような、こんなお店に行きたい!
って思わせるショップです!

今回、OPENに合わせて、当店も古本のセレクトで参加しています。

この秋一番のおすすめです!
b0213758_23562017.jpg

店内工事中の様子
b0213758_23574623.jpg

[PR]
表紙すごいです。

中身はまじめなカメラ本ですよ!

「カメラ教室」
b0213758_2232349.jpg

[PR]
マナーの次は、お料理ですね。

「赤毛のアン」の作品の中に登場するお料理を
紹介したレシピ本。

この手の本は、実用性があるかないかは別として
何となく、手元に置いておきたいですね。

「赤毛のアンのお料理ノート」
b0213758_1445264.jpg

b0213758_1451372.jpg

[PR]
あのティファニーの前会長が、お孫さんのマナーのために作らせたとか。

数あるマナー本の中でも、さすがはティファニー、ユーモアあふれる内容や
イラストのセンスはズバ抜けてます。

初版発売から40年たった今でも、現役であり続ける実用書。
何度かリニューアルしていますが、今回は初版のデザインの
物が入りました。

「ティファニーのテーブルマナー」
b0213758_22385491.jpg

b0213758_2241853.jpg

[PR]
「すてきな三人組」「ゼラルダと人喰い鬼」など
悪人が、純粋無垢な少女の優しい心のおかげで、心を改め
人々のためにつくして、めでたしめでたし...などなど。

絵本作家トミ・アンゲラーと言えば、ちょっとダークで大胆なストーリーと
独特の表情が素適な、子供から大人まで楽しめる作品を多く手がけていますが、
一方で画集「パーティー」のような、社交界を痛烈に皮肉った作品など、
いろいろな顔をもった作家でもあります。

こちらの本は、トミの作品を解説した読み物ですが、有名な絵本のイラストや
未公開のナンセンスなイラストも見どころです。

「トミ・アンゲラー 絵本の世界」
b0213758_23391788.jpg

b0213758_23394157.jpg

[PR]