カテゴリ:いろいろ( 574 )

今週、来週とお休みの日が多くすみません。
なので、そんな時はnnb出張所の方をよろしくお願い致します。

nnb1号店とも言える本棚完備のEBAR

古本以外にもいつも気になる企画を展開しているご近所LOG
ブログの洋天記事がナイスです!

フリマや朝市もやってるCAFE&教室のforet

この春には新しい出張所やイベントも予定していますので
よろしくお願い致します。


「斉天大聖 孫悟空」
世界一有名な猿をキーワードに展開する2つの物語。

聖フランシスコ・ザビエルをも巻き込んで
世界を舞台に圧倒的な画力で迫る、
五十嵐大介のコミック「SARU」

一方、IT企業と近所のコンビニそしてエクソシスト、
バラバラに散らばった物語が重なるとき...
伊坂幸太郎の小説「SOSの猿」

前代未聞の競作は、規模も展開も全く違う物語。
共通するのは「救い!」かな?

「SARU」 五十嵐大介
b0213758_0304659.jpg

[PR]
最近お客さんから最もよく聞くお店「めくる」
モーニングをやっている喫茶店と聞き行ってみるも
起きれなくてすっかりランチに。

奥に広くて、ミニ図書室もあって、何よりご飯もオヤツも美味しい!

そして近くにはこちらも最近オープンしたLIMEの家具を扱う
「AIR POCKET」が。
家具の他に小物もあって素敵です。

先輩店の「LOG」や「シナモン食堂」に新しいお店も加わって。
春の土橋、十日市めぐりいかがでしょう。



こまごまいろいろ入りました。
b0213758_1402080.jpg

[PR]
本日土曜日はお休みでしたが、20日(火)の祝日は
14:00~19:00の通しで開けてますので
よろしくお願いします。

今日は店の片付けをした後、土橋十日市界隈マップの
お話をいただいていた「オルガン座」へご挨拶に。
夜の12時なのにすごい人です。
うちの周りには誰も歩いてないのに...

春に向けて楽しい事になりそうです。

「洋酒天国」
サントリーの前身「寿屋」の宣伝用に作られた伝説の小冊子。
表紙から特集、写真、読み物にいたるまで、手抜き無し!
作り手が楽しんで作ったであろう事が伝わる一冊です。
一部ご近所のCAFE「LOG」に出張中。
b0213758_295979.jpg

[PR]
日、一日と春を感じるはずの時期なのに
今日も店内は冬の寒さでした。

特にこのあたりが...
よく見ると壁の間に結構な隙間が!
外とつながってます。
寒いはずです。
急いで埋めましたが、この冬はこれで過ごしたのね。

「ゲバラ日記」
革命の英雄チェ・ゲバラ
訪日中に原爆資料館を訪れたり、戦いに明け暮れる毎日の中にも
いつかくる平和な世界を願ったのではないでしょうか。
もし今の世に生きていれば、何をして何と呼ばれていたのでしょうか?


b0213758_0364919.jpg

[PR]
1963年の創刊から2001年の休刊まで
あらゆる文化をテーマに写真を贅沢に使って
発信し続けた雑誌「太陽」

北欧、切手、江戸のエロス、写真、植草甚一、赤瀬川原平
などなど、とにかく雑食で三歩先行く雑誌でした。

「太陽」いろいろ
b0213758_1485448.jpg

[PR]
知らなかった。
鉄道写真がこんなに素敵だなんて!

線路沿いの街並み、通学中の学生、猫
そして時々電車。

さあ、男も女も雨がやんだらカメラを持って、線路へGO!

「1日1鉄」  中井精也
b0213758_21131477.jpg

[PR]
大事故、破産、離婚、薬物依存と何度ものどん底から
不死鳥のごとく蘇った女流作家 フランソワーズ・サガン

彼女が1957年に遭った、事故の治療に使用した陣痛剤の
依存症のリハビリ中に綴った詩や日記。
それを一読し感動した画家ビュッフェが、イラストと
カリグラフィーをそえた、力づよい迫力と
繊細さにあふれた一冊です。


「TOXIQUE (毒物)」 フランソワーズ・サガン
b0213758_129364.jpg
b0213758_1311462.jpg

[PR]

b0213758_213625.jpg
花の季台にできたお菓子工房「meleveille」

焼き菓子を中心に、週替わりでいろいろあります。

店内の本棚にはnnbセレクトの暮らしの本も並んでいて
自由にご覧になれます。
(こちらの本は販売はしていません。)


b0213758_2134945.jpg

[PR]
まこ...

ずっと「ブサイク顔の猫」と思ってました。
そんなことは、どこにも書いてませんでした。

「不思議顔の猫」
和みます。

それにしても、なんでこんなに不思議顔?

「まこという名の、不思議顔の猫」
b0213758_22301946.jpg

[PR]
世界でもっとも有名な音楽家
モーツアルトや、ヴィヴァルディ。

彼らを紹介した本は数あれど、こんなに表紙の
素敵なものは、なかなかないのでは?

装幀をてがけたのは、NTTのロゴや、東京オリンピック関連
などで有名な、世界のデザイナー亀倉雄策。

ヨーロッパの街並みの写真を多数掲載してあったり
レコード2枚つきだったり!
うれしい箱入りオススメ本です。

「音楽家の本」
b0213758_0434156.jpg

[PR]