三好さん

去年の夏、突然この世を去った孤高の漫画家 三好銀。
漫画界のマイナーポエットと呼ばれ、その作品は、なんのへんてつのない毎日のようであり、不思議な世界に紛れ込んだようでもあり、ゆったりした時間が流れています。
どちらかと言えばマイナーな存在ですが、熱狂的なファンも多い不思議な街からの便りをお楽しみに。
「海辺へ行く道」
b0213758_16475996.jpg




[PR]