お料理歳時記

幼い頃から困難を乗り越え、一心に料理の道に全力を尽くす主人公 澪の成長の物語。
降りかかる困難を涙を拭って乗り越える展開はありがちだけどいいんです!(笑)
江戸の生活が伝わるちょっとした習わしや、一捻りある料理の表現がとても良く、「初鰹か〜」と、思わずお腹の減るお話しです。
「みをつくし料理帖」髙田 郁
b0213758_16511271.jpg


[PR]