超短編

糸井重里の思い付きのような企画で、村上春樹が自由気ままに(しっかり真面目に)書いた超短編集。
なんの脈絡もなく始まストーリーや、作者の昔話し的なものなど、お気楽で不思議な作品たちに思わずクスリとなっちゃいます。
お話ごとに安西水丸の意味があるよな、ないよなイラストが添えてあり、これまたほっこりさせられます。
新作の長編も楽しみですが、こちらの短編の中の短編も一級品です。
「夜のくもざる」村上春樹
b0213758_19522683.jpg

[PR]