ビュバーと、ビュバーの本

インクの吸い取り紙として、1950年代から広まったビュバーには、企業の広告として様々なイラストが添えられました。
本来使い捨てられるはずの紙たちですが、サビニャックや、モルバンなど有名作家たちのイラストも多く、現在ではフランスの蚤の市などで、コレクターアイテムとして人気です。
60年代の物を中心に、ビュバーの歴史や背景にも触れた、小さなビュバー図鑑?
「Qu'est-ce que c'est le buvard??」
b0213758_16504955.jpg

b0213758_16505060.jpg



[PR]