集団心理

ある時一人の男が理想を掲げて立ち上がります。
「もっとよい国、よい暮らし!」
皆に嫌われ、憎まれながら、世界でたった1人で掲げた理想はだんだんと広がり、やがては大きなうねりとなり、みんなを導いていく。
しかし、いつしか目的をも忘れて、立ち止まる事もできない塊となり…
革命家や理想主義は時代を変える英雄なのか?自分の理想のために大勢を巻き込んだペテン師なのか?
児童文学と言うには深くて怖いテーマとチムニクのかわいいイラストが余計にシュールな世界に引き込みます。
絶版となっている童話屋から出版された箱入りの仕様が入荷しました。
「たいこたたきの夢」 ライナーチムニク
b0213758_23515937.jpg


[PR]