ビッグ.サー

現代に残るフロンティアとして、1950年代から、作家やアーティストに愛された「ビッグ.サー」はカリフォルニア州の中央にある小さなコミュニティです。
1960年代にヘンリーミラーや、ケルアックが訪れ、一躍ヒッピーの聖地になりましたが今でも大きな建物はなく、美しい大自然を残しています。
そんな自由なビッグ.サーの様子を多くの写真家が写していますが、こちらの雑誌は立木義浩が、コミュニティで暮らす女性たちを写した、きままで時々ヌードな1973年のものです。
「California I LOVE YOU」立木義浩
b0213758_16434331.jpg

b0213758_16434352.jpg


[PR]