街はずれと猫

富士山の麓での生活を綴った「富士日記」など名作エッセイをのこした武田百合子の娘、武田花のフォトエッセイ。
母 百合子のカラっとザックリな感じとは違い、娘 花の作品は「昭和で場末で猫」懐かしいような少し寂しいような、なんとも言えない世界観。
何気ない毎日のお話しですが、わりと衝撃的です…
たまにはフラリと知らない街へ行きたい方へお勧めです。
「犬の足あと猫のひげ」その他 武田花
b0213758_20460726.jpg


[PR]