ガロ系

昭和、漫画家、温泉宿…暗い
狙っての作風なのか、この人の全てがそうなのか?
つげ義春先生による半自伝的漫画家の漫画。
お金の当てもないのに、温泉宿へ泊まり春画を売ってその場をしのいだり、きっと実話なんだろな〜と思いながら読んでいると、なぜだか心地よくなってくるのは私だけ…でないはず。
「義男の青春」 つげ義春
b0213758_20420738.jpg



[PR]