ジャズショート

アート・ブレイキー、ソニー・ロリンズ、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイなどなど、ジャズの神様達によって演じられた名曲にまつわるショートショートがずらり。
とは言えマニアックなうんちくを語るでなく、あくまで筒井康隆流のブラックな短編達に、今読んでもニヤリとさせられます。
中でも悪夢のような「チュニジアの上空にて」は自分なら…と、考えると笑ってもいれません。
その他、巻末のディスクガイドも充実で、眺めていると中古レコード屋さんに行きたくなってきます。
「ジャズ小説」筒井康隆
b0213758_10345193.jpg


[PR]