新旧ナンセンスの機械

初版は1942年、トリノのエイナウディ社から刊行され、日本では1979年に筑摩書房から出版された、ブルーノ ムナーリの「ナンセンスの機械」
「目覚まし時計をおとなしくさせる機械」などまさにナンセンスでユーモア溢れるムナーリの世界。
現代社会への皮肉も込められた、社会派的バカバカしさを楽しんで下さい!
※左は近年再販された新装丁。
どちらも揃って入荷しました。
b0213758_20032167.jpg

b0213758_20032153.jpg



[PR]