フィンランド児童文学

女の子たちのちよっと(かなり)不思議な日常だったり、自立だったりを生き生きと描き、日本でも70年代に発売され多くのファンを持つ物語。
マイヤ カルマの描く、フィンランドらしい、美しい色使いのイラストも素敵です!
プチグラより再販され、既に絶版となった一冊が入荷しました。
「オンネリとアンネリのおうち」マリヤッタ クレンニエミ
b0213758_223664.jpg

[PR]
by hdkh | 2015-05-23 22:04