恋愛いろいろ

「恋しくて 」 村上春樹編訳

アメリカから東欧まで、世界の恋愛短編小説を村上春樹流に編訳したアンソロジー。
最初からネタばれ的な分かり易さながら、当時の世相がリアルな「愛し合う二人に代わって」は、ちょっと切ない誰もが胸キュンストーリー。

対照的に村上春樹の書き下ろし「恋するザムザ」は最もなりたくない主人公、カフカの「変身」に出てくるグレゴリーザムザが恋する、屈折恋愛パロディ?
どーしようもない不条理な悲劇の中、唯一の救いは恋する気持ち…ですかね?
b0213758_2255673.jpg

[PR]