椿三十郎…の、

「日日平安」 山本周五郎

作家、山本周五郎が主に江戸を舞台に書いた短編集。
タイトルの日日平安は、椿三十郎の原作にもなった名作。
落ちぶれた武士が、なんとかご飯にありつこうと、適当な事をしゃべって潜り込んだ屋敷では…
鬼気迫った状態にありながら、日々のんびり、平安に暮らす、屋敷の一家も微笑ましいが、屋敷の騒動に巻き込まれ、これまた適当に解決して行く主人公が痛快!
映画もお勧めですが、原作ではさらにダメな主人公が、最後の最後までやってくれます。
b0213758_220985.jpg

[PR]