不思議な絵本

デザイナー ブルーノムナーリの作品の中でも
「きりのなかのサーカス」と並んで人気のある
不思議で美しい仕掛け絵本。

暗闇から始まる3部構成の展開は、場面ごとに
紙質を変えるこだわりよう。

1956年から今なお愛され続けている、古くて新しい
特別な絵本です。

「闇の夜に」日本語版 ブルーノムナーリ
b0213758_22405693.jpg
b0213758_22411024.jpg

[PR]