男のエッセイ

街角のBARの片隅で、夜な夜な続く男達のたわいもない話。

と、言う訳ではなく、日頃著者が何気なく感じた事などを
気取らずに綴ったエッセイ集。
なのに「バーボンストリート」

とは言えそこは文化人、井上陽水とのやりとりや、植草甚一を
古本屋でよく見かけた話など、粋でステキなエッセイ集。

読んでいるとなんだかいい気分~

「バーボン・ストリート」
b0213758_23384344.jpg

[PR]