京都のはなし

京都、夏の宵山。
同じ場所、同じ時を舞台に絡み合う、6つの不思議な物語。

森見作品お得意の、マヌケで愉快な大学生たちが、祭りの裏側で
大騒ぎを起こす中、ひんやりとどこか懐かしく、どこか悲しい物語も重なって...

金魚と、達磨と、猫と、狸と、リンゴ飴を連れ立って、
祭りは続くよいつまでも...

「宵山万華鏡」 森見登美彦
b0213758_23261985.jpg

[PR]