たまに読み返したくなります。

「海辺へ行く道」 三好 銀

遠くの不思議な町で起こる、ファンタジーのようであり
自分の住む、すぐ隣町の出来事のようでもある...

どこか懐かしく、なぜか切ない。

海辺の町での出来事を綴った、静かな物語。
何度も読み返したくなる漫画です。
b0213758_22401492.jpg

[PR]