「ほっ」と。キャンペーン
去年の夏、突然この世を去った孤高の漫画家 三好銀。
漫画界のマイナーポエットと呼ばれ、その作品は、なんのへんてつのない毎日のようであり、不思議な世界に紛れ込んだようでもあり、ゆったりした時間が流れています。
どちらかと言えばマイナーな存在ですが、熱狂的なファンも多い不思議な街からの便りをお楽しみに。
「海辺へ行く道」
b0213758_16475996.jpg




[PR]
現代の浮世絵師と呼ばれた、漫画家であり江戸研究家の杉本日向子による、風俗から「粋」と「野暮」までを庶民の目線で解説したお江戸エッセイ。
当時の吉原には、その中でのみ受け継がれたしきたりや文化があって…「だまされに行く」なんてまさに粋ですね!
「江戸へようこそ」杉浦日向子
b0213758_17110140.jpg



[PR]
初版の1985年から30年以上にわたり現役を続けている野外活動本の定番「冒険図鑑」
まずは野外に出よう!から始まりご飯の作り方から、緊急時の狼煙の上げ方など、中身はなかなかの本気度です。
アウトドアなんて言わずに冒険に出ませんか?
「冒険図鑑」
b0213758_14360169.jpg


[PR]
本日 20日は都合によりお休みをいただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
[PR]
フィンランドの大自然が生んだ不思議な世界の住人ムーミン。
作者トーベヤンソンによって描かれたキャラクターたちはみんな個性的な魅力にあふれています。
代表的なキャラクターのムーミンやスナフキンはもちろん、誰も知らないようなキャラクターまで、コミックでの登場シーンと、トーベの美しいイラストで紹介されています。
ヘムレンさんや、飛行鬼までは知っていたけど、「はい虫のサロメちゃん」って…
「ムーミンキャラクター図鑑」
b0213758_15472773.jpg

b0213758_15472723.jpg


[PR]
向田邦子、森茉莉、武田百合子など食いしん坊作家たちのお気に入りの台所道具を、作品の一文と合わせてご紹介。
出刃庖丁からかき氷器まで、作品の中でさりげなく、または大胆に織り込まれた固有名詞に、道具に対する愛を感じます。
登場する道具が欲しくなったり、作品を読みたくなったりする一冊です。
「あの人の台所道具」
b0213758_14350098.jpg

b0213758_14350105.jpg

b0213758_14350187.jpg



[PR]
「自然や人を大切にすることにつながる」をテーマに冷えとりガール 服部みれいさんが監修するリトルプレス。
現在は入手困難となっている0号から新しい物まで今ならほぼ揃ってます。
お目当の号があればお早めに!
b0213758_22181991.jpg

b0213758_22182079.jpg


[PR]
「たいくつな日曜日のための…」
ノスタルジックな子供の頃のぼんやりした幻想を描いたような詩集。
1冊はケイト グリーナウェイのクラシカルでかわいいイラストが入ったA to Z詩集。
もう一冊はアーサー ラッカムが描く、幻想的で影のあるイラストが素敵な詩集。
どちらも1970年代にシリーズ化されたフォアレディスシリーズです。
b0213758_15574017.jpg

b0213758_15574116.jpg

b0213758_15574248.jpg


[PR]
アメリカのエンターテイメント創設期から、ツィギーまでショービズ文化的視点からダンスシーンをとらえた写真集。
あのトラボルタさえ一周回ってカッコいい!(失礼)
「That's dancing」
b0213758_14212263.jpg

b0213758_14212238.jpg

b0213758_14212321.jpg

b0213758_14212451.jpg


[PR]
イギリスの画家 イーディス ホールデンの美しい植物画を使った写真アルバム。
1900年代初期に描かれた動植物のスケッチが、1970年代に出版され話題になりましたが、そのイラストを1ページづつ贅沢に使った大判の写真アルバムです。
特別な思い出を残すのにぴったりですね。
b0213758_17324139.jpg

飾っておくだけでも素敵です。
b0213758_17324240.jpg

写真を入れるとこんな感じ。
b0213758_17324328.jpg


[PR]